ホロンなあべひろしさん。

 

海士町に来て、6日が経過しました。

 

「どうだった?」

と聞かれたら

「心地よかったよ。」

と答えようと思います。

 

「何をした?」

と聞かれたら、なんて答えよう。

「ホロンと言うものを学んだ。」
も、間違ってないけど

「目がきれいな人とたくさん出会った。」

のほうがいいな。

「土と風に挨拶してきた。」

もなかなか。

 

あ。

でもこのツアーのテーマが

~つながりの中に生きる自分を見つめ直す~

だから、そう言おう。

よし。

 

いま、私には書きたいことがたくさんあります。

それは満たされている感じがしてとても嬉しいです。

そんな今日は、

あべひろし(通称:べっく)さんについて

書いてみようと思います。

 

べっくさんは

海士町の巡りの環という会社の社長さんで、

このツアーのホスト(主催者)です。

 

べっくさんは

笑顔のやわらかい人です。

海が好きな人です。

子供みたいに無邪気に遊べる人です。

理解力のある方です。

誰かの隣に座るのが得意そうです。

たまに目がキランと光ります。

そういうときに鋭いエネルギーを感じます。

海士町とがっちり繋がっている人です。

でも孤独を抱えているのが見える瞬間もあります。

そのときは肩をぽんぽんしてあげたくなります。

(失礼ですね、ごめんなさい。)

 

べっくさんは

とてもしなやかな人です。

自分のために、海士町のため生きてる人です。

 

アウトドアが昔から好きだったべっくさんは

「死ぬ。」

と思った瞬間が幾度かあるそう。

いまはあんなにゆったりとした雰囲気なのに

昔は体育会系の組織にいたんだそう。

 

そういう環境を耐え抜く強さを隠したあの笑顔は

ホセムヒカさんと同じ魅力があるんじゃないかとも思っています。

 f:id:hasamick:20161206125313j:plain

※今までのは全部数日間しか一緒にいない私から見たべっくさんでしかないので

 他の人やべっくさんからみたべっくさんとは大いに違うかもしれません。

 (きっとこの似顔絵くらいの完成度。)

 

そんなべっくさんといろいろとお話をさせてもらえたことが

この6日で一番うれしかったかもしれない。

一見、答えるのが面倒そうな私の質問に真摯に答えてくれるから

嬉しくなってもっと話をしていました。

 

なぜか話したくなくなって感想共有するのをパスするような私に

「ノアちゃん(と呼ばれています。照)

 のその感性、好きだよ。」

と言ってくれた。

「でも人の期待なんて、

 自分の力になるものだけ受け止めればいいからね。」

って言うところにまたあの強さを感じる。

 

 

そんなべっくさんと、

スタッフのおかべさん、あっくん、たくさん、なんちゃん、

参加者のげるしーさん、しげさん、えりこさん、ちゃんみかさん、きょんさんと

共にするこの6日間で出会った、

人・自然・モノ・感情・表情・思考すべてに

私はいま満たされています。

感謝。

f:id:hasamick:20161206125526j:plain