大事なことは。


最近、勉強に身が入らない。

いや、好きなことの勉強は、

本読んでて電車乗り過ごすくらいには

熱中できるんだけど、

大学の勉強には、全く。


ある夜、

そんなことを父に話した。


「えー、学費払ってるんだから

勉強もしてくれよー。」

って言われるかなぁと思ってた。


けど、そのときの父は

「まぁしょうがないんじゃない?」

と、自分の青春時代も振り返りながら話をしてくれた。


ここで少し、

私の尊敬する父の紹介をすると、

彼は昔から頭の回転が速くて

勉強は大してしなくても出来る子だった(らしい)。

だから自分は天才だと思い込んで

勉強せずに部活やバイトに明け暮れた結果、

まぁそれなりの大学に行き、

公務員になってそれなりの収入を得ている。

割と楽に、

それなりの人生を歩んできた(みたいだ)。


そんな父は、

自分の軸をしっかり持っていて。

言い換えるとそれは、

自分の大切にしたいものをしっかり持っている人だと

娘の私には映っている。


"割と楽に"

というのも、

身を削って努力して掴み取る地位や名声やお金より、

友達や家族を大切にするために時間を使うことを選んでいた、

というだけで、

家族のための努力は惜しむことなくしてくれたと思う。


だから父は、

家族との時間を優先して

会社の昇進試験も受けなかった。

何やら会社では、

伝説の平社員として後輩から絶大な支持を得ている(らしい)。



そんな父は大学が苦痛だと感じている私に、

「大人になってくれば、

自分にとって大事なこと、大事じゃないことが見えてくるからね。」

とそれを認めてくれた。


そして

「おれも中学の頃はなぁ、」

といつもの思い出話が始まる。笑


「でも、」

と話の最後に、


「大事じゃないことだけを見つけていっても、

大事なことが見つけられないやつの

人生はつまらないぞ。」


と言葉を添えた。

ドキッとした。


この言葉は、

最近よくわからないことばっかりやって、

「ちゃんと就職しろ。」

が娘に通用しないことをわかり始めた父が

私にくれたエールだ

(と勝手に理解している)。



エールをきちんともらった私は今日も、

こうして大事なことをひとつ、

書き溜めた。

f:id:hasamick:20170112183818j:plain