チョコレート。

今日は、

チョコレートが大好きな友人、ミキティと共に訪れた

Minimalというチョコレート屋さんについてです。


「久しぶりに食べ物でこんなに感動した!!!」

ので、忘れないうちに書き留めました。:)


f:id:hasamick:20170208152020j:plain

入った瞬間、

カカオの香りに包まれる店内で

色んな産地のチョコレートを

試食させてもらった。

f:id:hasamick:20170208152245j:plain

これがまた、

なんと驚き!

ここのチョコは、

カカオとお砂糖しか入っていないから産地によって味が異なるのが、

分かる。

チョコ初心者の私でも。

だって、

少し、とかではなく、

全っ然、違う。

ベリーのような酸味の効いたもの、

檜のように香りの高いもの、

ナッツみたいなコクのあるもの、

びっくりするほど違うの。


感動はまだ続く。

次に頂いたホットチョコレートには

まず香りで驚いた。

ななんと、発酵臭がするのです。

字にすると、臭そうだけど

そうではなく。笑

甘酒みたいに柔らかい香りと、

香り高いカカオの香りがベストマッチ。

f:id:hasamick:20170208152416j:plain

そう、

カカオ豆は収穫後、

発酵させられてから

チョコになるのだ。

だから発酵の過程や、産地や農家さんによって味も香りも全然変わる。

そしてチョコレートというのは

3ヶ月ほど経つと

熟成して味が変化するらしい…!

(私はまだ未検証だけれど。)

普通のチョコは

味を安定させるために

3ヶ月置いてから出荷することもあるそう。

そう考えると作りたてが食べられるMinimalでしかその変化は試せない…

(うまい口車にのせられている気もしなくもない。笑)


でもここのチョコレートは

素材を大切にするから

カカオの粒が残っているし、

ミルクや香料は使っていない。

そのかわり、

カカオにはとてもこだわっていて、

農家さんに発酵の仕方から

丁寧にリクエストしている。

f:id:hasamick:20170208153912j:plain

だから、

本当に素直に、

チョコレートに違いが表れている。



そうそう、ホットチョコの話に戻ろう。

もちろん美味しいんだけど

それだけじゃなくて、

カカオのつぶつぶが残ってるから

まるで食べるココアみたいで

もぐもぐ楽しんでいると、

30分後にあら驚き。

カップ半分飲んだだけで

お腹がいっぱいに!


お腹も心もいっぱいになって

帰ることが出来ました^^


ちなみに

Minimalというお店の名前は、

「色んなものを足して作り出す美味しさじゃなくて、無駄なものは全部抜いた先にある美味しさを提供したい、それこそが日本のチョコレートだ。」

的なメッセージが込められているらしい。


最近注目の発酵とチョコレートが

繋がっていたことに驚いたし、

超満足感たっぷりな飲み物に

出会えたことが幸せだった〜♡


皆さんもぜひ、

バレンタインにこだわりのチョコレートを買ってみては…?(お店の人じゃないけど宣伝。笑)

http://mini-mal.tokyo


f:id:hasamick:20170208152517j:plain

Special thanks to まいまいさん♡