文章を書くこと。

文章を書くこと。

それは私にとって、

デトックス。

 

電車に揺られながら浮かんできた考え、

お風呂に入りながら湧き上がった想い。

とても大切なそれらひとつひとつを言葉にする。

 

それは

悲しい気持ちを

涙として体の外に出すような、

怒る気持ちを

声や動きで表さざるを得ないような、

そういうもの。

 

言葉にしてみて、

「あぁこんなだったんだね、私。」

って改めて思う。

それは

恥ずかしく思うときも

満足するときもある。

そうすることで

自分の考えにいったん

ピリオドを打つことが出来る。

 

だから

非言語的だった考えや想いを

言葉として紡いでいくことが

好きだ。

 

でも、

なにか感覚が少ないままに

だれかに追われるように書いた言葉には

エネルギーが、

想いがこもっていないから

自分で見て悲しくなる。

どんなに、

いいねって評価されても

それは虚構に過ぎないから

それに対する評価も

私を通り過ぎてどこかへ行ってしまうみたい。

 

このブログは

いまの私のデトックスのために、

そして文章が好きだった私を

私がいつかちゃんと思い出せるように

書いている。

 

たぶんね。

 

f:id:hasamick:20170218214839j:plain