種を蒔きました。

春です。

この前まで、

春の風を素直に喜べない自分がいましたが

いまは春が愛おしくてなりません。


おとといは、

野菜の種を蒔きました。

去年の暮れから

野菜を育てたいと思っていたのですが

その頃植えた子たちはみんな萎びていたので

春の陽気を今か今かと待っていたのです。

今日で2日目だというのに

種は早々に殻を破り姿を現そうとしています。

見ているとなんだか、

私もそんな風にムクムクっと

殻を破れそうな、

そんなエネルギーを感じます。



殻にこもっていた私は

2週間前に念願のコアクティブコーチングのプログラムに参加し、

そこから養分をたくさんもらいました。

いまはクライアントさんになってくれる人たちと、毎日のようにお会いしています。

去年の今頃、

遠くを見て何もできずにいた私よりも100倍エネルギーに溢れていて、

「あぁそうか、私のペースはこれぐらいなんだろうなぁ。」

とハイスピードで進んでいく仲間を素直に喜べる心を取り戻した気分です。


最近、

「良い」ものの基準が

すごい勢いで塗り替えられていきます。

だから、また変わるかもしれないけれどいまは「自分の大きさ、速さ、強さが一番。」と思います。

前も、

自分が幸せなのがなにより、と思っていたけれど

やっぱり出来るなら

大きいもの、速いもの、強いものがいいと思っていました。

だから

幸せな上に大きくて速くて強い人への劣等感が外せなかった。

でもその劣等感が、

小さくて、ゆっくりで、弱い存在でもいいことを

じんわりと教えてくれているように思います。


ダメなやつ、

と人は誰かを揶揄するけれど

何をダメというのだろう。


しょぼい奴、

せこい奴、

うるさい奴、

全部ほんとは大切なものを持っている、

といまの私は思います。

だから

ダメな奴って私が誰かに対して思うとき、その理由を探るのが楽しいです。

一つ思うのは、

自分の可能性ややりたいことを自分で抑えてしまう人を目の当たりにすると、私の心は強く揺さぶられるようです。

それは、そこに強い願いがあるから。

そういうときの、

その人との関わり方はまだ、

模索中。






自分は

本当は何を大切にしたくて、

何を満たしたくて、

どこへ行こうとしているのか。


それを、

みんなが心から語れるようになったら

もっと簡単に

あの人と繋がれるんじゃないかな、、

という仮説を検証していきたいと思う、春の日和でした。