きょうのゆめ。

今日は

私がタマゴの殻を庭に埋めようとして

(なぜタマゴの殻だったかは忘れちゃった。お友達が来てて、料理でも作ってた気がする)泥のところに埋めてガシガシ踏みつけたら急にそこから泥水がぐわーっと溢れてきた。


そして気付いたらそこはおーーーっきくて深いプールみたいな箱になっていて、真ん中には水の竜巻らしきものが。最初は普通に泳げて、息継ぎはいらなかった。久しぶりに会う友人がたくさんいて、やっほー!ってお話ししてたのに途中から急に竜巻の勢いが増して、頑張って端っこにいって生き残ろうと必死になってた。


そしたらそこにズコーンと突っ込んできたマシーンが。おかげで竜巻からは逃れたけど私は気絶したみたいで気づくと私が「先輩」と呼ぶ存在がいて、何やら必死に作戦を考えていた。どうしたのかと聞くと、私たちがいまいる場所はヤバいモンスターとの戦場で、もうすでに仲間は彼ら以外全滅した、と。

(我ながら私の夢は壮絶な設定が多いと思う。)

で、なぜ私たちがここに呼ばれたかというと、(一応選ばれて連れてこられたらしい)わからなかったけど「君たちしかいないんだ!」みたいな感じで、戦いに行くことに。そしていざ行ってみたらあらびっくり。


大きな蚊だった。


吸い口の針からなんかドドンパみたいの撃ってくるけど。


とても気持ち悪かったなぁ。

「ウゲーーー。無理でしょ!」ってなってからはどうしたかは思い出せませんでした。


中途半端でごめんね、でも、夢だから。

続きが気になる人は、夢で見て。

f:id:hasamick:20170910191528j:plain


ばいばい。